むしろ台所診療所

病気を作りたがってる世の中から家族を守る。西原式育児、ワクチン、予防接種、砂糖なし育児、薬なし育児、削らない虫歯治療。

MENU

鎮痛剤はもう何年も飲んでいません

こんにちは。食を整えて薬いらずの生活を目指すもむらです。

自分の中で当たり前すぎて忘れていたのですが、もう5年近く鎮痛剤は飲んでいませんでした。

頭痛や発熱は第一大根湯で、生理痛梅しょう番茶で、辛い痛みは湯たんぽやあずきカイロなど身近にあるもので治してきました。

出産後の後陣痛も、痛み止めなしで乗り切りました。

鎮痛剤を飲み過ぎている人、依存している人、飲み過ぎても効かない人の助けになればいいなと思います。

頭痛には第一大根湯

f:id:mrrorwndw:20150626065832j:plain

ふつうの頭痛はかぜやインフルエンザによるものがほとんどですが、偏頭痛や慢性頭痛は、脳の各部位と連動している各臓器の不調が真犯人です。もちろん、頭部に酸化毒もたまっています。

頭頂部の痛みは腸の炎症が原因です。腸のなかに悪いものがいっぱい詰まっているので、便を出してしまえばいっぺんに治ります。

側頭部は肝臓と連動していて、脂肪の代謝が不完全なときに痛みます。

後頭部から肩にかけての鈍い痛みは、腎臓がたんぱく質を代謝しきれないときに起こります。

いずれも脂肪分や動物性たんぱく質を控えたり、燃焼させる手当てでおさまります。

「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」大森 一慧著

 頭頂部、側頭部、後頭部の痛みはいずれも第一大根湯という大根とすりおろししょうがと醤油を番茶で割った飲み物が効きます。

薬を飲まずに食べ物で頭痛を治す方法。第一大根湯のレシピと、頭痛の原因を作らないご飯の食べ方。 - むしろ台所診療所

大根としょうがと醤油だなんて、普段から冷蔵庫にありそうだけど・・と思ったアナタ!生の辛い大根としょうがというのがこんなに効くなんて!と目からウロコですよ!

そもそも第一大根湯は脂肪分や動物性たんぱく質を燃焼させる手当てなので、肉や卵の過食である場合が多いです。私も以前は肉や卵を食べていましたが、最近はほとんど食べなくなりました。

頭痛の手当ても大事ですが、頭痛の原因を作らないことの方がもっと大事です。

発熱からくる体の痛みにはあずきカイロ

f:id:mrrorwndw:20150717115402j:plain

熱があるというのは、そこに酸化した血液が凝集している状態です。

痛みは酸化した血液が動かなくなり、患部や神経を圧迫することで生じるケースがほとんどです。基本は、血管を広げて血液の流れをよくすることです。

  「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」大森 一慧著

 発熱すると体が痛んだり、頭痛がしたり、ツライですよね。

その痛みは酸化した血液=汚れた血液があなたのもともと弱い部分にいち早く、影響を及ぼします。頭痛がする、体が痛いからといって、頭や体に原因があるわけではありません。汚れた血液が全身にまわっていることに変わりはないのです。

汚れた血液が集まって体のあちこちが痛む時は、私はあずきカイロを当てます。

普通のカイロと違ってあずきに含まれた湿度が、温まって湿熱となり体の芯まで熱が届きます。

冷えからくるからだの痛みに、繰り返し使えるあずきカイロ。湿熱は芯まで温かさが届きます! - むしろ台所診療所

あずきカイロは市販のものもありますが、私はあずきをたっぷり入れて手作りしています。

ただ、真夏の風邪にあずきカイロはツライものがあります。そういう時は、経絡リンパマッサージがオススメです。要は痛いところに集まっている血液を流してあげるイメージですね。

生理痛は梅しょう番茶&あずきカイロ

f:id:mrrorwndw:20151110152834j:plain

生理時の痛みや不快感は、一般的にはホルモンバランスの乱れが原因といわれていますが、じつはこれも血液の酸化や汚れが原因です。

動物性食品や砂糖は体内でエネルギーになるときに、それぞれ陽性の酸性毒、陰性の賛成毒を作り出しています。

その毒素が血液を通して子宮や卵巣にたまり、正常な働きを妨げたり患部を酸化させて炎症=痛みを起こさせるのです。

「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」大森 一慧著 

 以前は生理痛が来ると、梅しょう番茶を飲んであずきカイロを当てていました。

あずきカイロの温かさは超ホッとします。

出産後の後陣痛は湯たんぽ

f:id:mrrorwndw:20150723110621j:plain

出産後に訪れる、子宮収縮による痛みを「後陣痛」と言います。

一般的に初産婦さんより経産婦さんの方が痛みが強いと言われていますが、私も類に漏れずでした。次女のお産は楽だったものの、後陣痛が半端じゃなかったです。

真冬の出産だったこともあり、あずきカイロでは足らず寝て起きてはお湯を沸かして湯たんぽを抱きしめて寝ました。

後陣痛の痛み×湯たんぽ - むしろ台所診療所

汚れた血液からくる痛みに鎮痛剤=トイレの芳香剤

長女の妊娠をきっかけにはじめた冷えとり健康法では、不調の症状というのは、体の毒素を排泄する作用だから出し切るという考え方です。

頭痛や生理痛も痛みを薬で押さえ込むのは違う気がしていました。

今思えば頭痛や生理痛や発熱の痛みは、動物性食品の過食などの「汚れた血液」が引き起こしていたんだなぁと思います。

血液の汚れを取れば、そもそも痛みも起こりません。

汚れたトイレをごまかすために芳香剤を置くんじゃなくて、トイレを綺麗にしてあげましょうよって話です。

汚れた血液を綺麗にするには「断食」がベストです。だから体調不良の時、食欲不振になるのです。

薬なし生活連勝記録ストップ

冷えとりを始めて5年、鎮痛剤のお世話にはならずに来ていたのですが連勝記録がストップしました。

それはなぜか?奥歯の虫歯です( ̄◇ ̄;)激痛です。

本当に久しぶりにロキソニンのお世話になりました・・・

自然療法を独学で学んできましたが、私の中で「歯医者は別」というかつながっていませんでした。歯医者と聞くだけで体が緊張するくらい嫌いです。

そんなわけで今歯の健康を守るために勉強中です。さっそく良い本を見つけたので今度ご紹介しますね!

 

頭痛や発熱の痛み、生理痛、後陣痛は鎮痛剤なしで乗り切れます!

私が証明してきましたよ。

あなたのツライ痛みが根本から治るよう祈っています。

  

台所診療所を気に入っていただけましたら、いいね!をよろしくおねがいします。

むしろ台所診療所ーFacebookページ

 

この記事を気に入っていただけましたら、ひとポチお願いします。

健康ブログランキング

民間療法ブログランキング

子育てブログランキング