読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むしろ台所診療所

4歳2歳の姉妹の母、仙人主婦もむらの台所でできる健康情報ブログ。西原式育児や砂糖なし育児をしています。

MENU

発熱×第一大根湯(解熱・発汗)

たっぷり遊んだ週末のあと

自宅のパソコンで作業していた月曜日。

 

あれ、なんか熱いな〜と思ったら微熱。

37.1℃。

 

火曜日も37.2℃。

 

水曜日、保育園に長女を送ってから熱を測ると

38.2℃。

 

ひっさしぶりに発熱しました。

 

発熱のおもに考えられる原因

 

☆かぜ

☆インフルエンザ

☆食べ過ぎ

☆過労

 

 

微熱(平熱〜38℃未満)

 

微熱は体調不良のサインです。

免疫が落ちて体力が弱まっていますので

少食にして内臓の負担を軽くしてからだを休めましょう。

 

微熱がずっと続くときは重大な病気が潜んでいるケースがあるので

専門医を訪ねてください。

 

高熱(38℃〜39℃以上)

38℃以上の熱を高熱といい

ウイルスが原因の場合は40℃近くまで上がることもあります。

 

高熱が続くとまず、脳がダメージを受けますので

解熱が最優先。

最初に第一大根湯を飲んで解熱・発汗を促し

ある程度汗がでたら(約40分後)

豆腐パスターを貼って陽性毒を抜き取ります。

その後、頭痛やせき、たんなどの各症状の手当てをしてください。

 

 

今回の熱は

せき、鼻水、のどの痛み、腹痛、下痢、頭痛などを

何も伴わない発熱のみでした。

 

自己診断ですが、

食べ過ぎからくる発熱かなぁと思います。

 

 

 

 

おいしい処方箋

☆第1大根湯

 

《効用》

風邪の高熱、急性腎盂腎炎、急性膀胱炎、急性中耳炎、耳鳴り、腰痛、肩こり(右)、じんましん、アトピーのかゆみ、鼻炎、動物性たんぱく質やニコチンの解毒に。

 

《材料(1回分)》

 

大根おろし・・・・・・・・・大さじ山盛り3

しょうがおろし・・・・・・・大根おろしの1割

しょうゆ・・・・・・・・・・大さじ1

熱い番茶・・・・・・・・・・約400ml

 

f:id:mrrorwndw:20150707220141j:plain

 

今回の発熱で6回作って飲みました。

寝て起きては作ってひたすら飲む。

 

 

《作り方&飲み方》

 

大根としょうがをおろして器に合わせ

しょうゆをくわえてから沸騰している番茶を注いで

あつあつを一気に飲み干します。

 

熱が高い場合はそのあと40分ほど

頭まで布団をかぶって汗を出します。

汗がでない場合はもう一度第一大根湯を飲み

同じことを繰り返してください。

 

 

毒が出た!! 

火・水とひたすら第一大根湯を飲んで

ほぼ完治!

 

おもしろかったのは、第一大根湯を飲んで 

私何回トイレに行くんだろう?

というくらい便通がありました。

 

発熱した日だけで、6〜7回はあったかな。

腸にたまったモノがぜーーーんぶスッキリした感じ!

宿便が出たっていうんでしょうか。

 

そのおかげか、また目覚ましなしで起きられる日々がやってきました。

 

 

参考にした本

 

 

ぜひスター・いいね・シェア・応援クリックしていただけると嬉しいです!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 民間療法へにほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ

 

 

 

出産・育児雑貨専門店 [キューズベリー/CUSE BERRY]