読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むしろ台所診療所

4歳2歳の姉妹の母、仙人主婦もむらの台所でできる健康情報ブログ。西原式育児や砂糖なし育児をしています。

MENU

3歳児の夜だけ出る咳。病院で「薬を飲ませずに治したいです」と言えました。

昼は半袖、夜は長袖長ズボンという

体温調整が難しい季節になってきました。

 

保育園のおともだちは

ほとんど真っ黄色な鼻水を垂らしています。

 

 

そんな中、プリンセス大好き長女(3歳)も

鼻水を垂らしはじめてからの

咳にシフトしました。

 

金、土、日と夕方から夜にかけてだけ

咳が出るので

病院どうしようかな〜

放っておけば治るかな〜と思っていましたが

週明けに病院に行ってきました。

 

 

 「薬はあんまり意味がないけど・・どうする?」

 

先生「この咳は鼻水を出すためだから、

咳の薬は効かないんだよね。

どちらかというと鼻炎かな。

鼻水を出しやすくする薬もあるけど・・

あんまり意味がないんだよね。どうする?」

 

「薬をのませずに治るなら

その方がありがたいです」

 

先生「じゃあ薬は出さないでおくね。」

 

いつもなら

できるだけ薬は飲ませたくない・・と思っても

なんとなく言えなくて

もらってきては飲ませずに

薬がたまっていく一方でした。

 

私としてはこどもの自然治癒力に任せたい。

最近はお医者さんに、処方していただく薬が必要かどうか

真剣に聞いてみることにしました。

 

 

日本は薬漬け?

 

優れた健康保険制度で気軽に受診できる

コンビニ受診

 

医療制度で薬をなるべく出さないようにしても

薬が少ない病院は「人が集まらない」

という今の日本の現状

 

乳幼児医療の無料化で

受診回数と薬の使用量が多くなる

 

 

こんな理由で日本は

薬漬け状態になっているそうです。

 

 

不必要な薬は使わない

効き目のはっきりしない薬は使わない

という方向で医者は努力する必要があると思いますし

患者さんの側も医者に

「薬をください」と要求しないように

してほしいものです。

 

 

 

かかりつけの先生の著書。

文体がとても優しくて

すーっと入ってきます。

 

 

それでは、今日も梅しょう番茶飲んでガンバリマス!

 

ぜひスター・いいね・シェア・応援クリックしていただけると嬉しいです!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 民間療法へにほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ

 

 

 

出産・育児雑貨専門店 [キューズベリー/CUSE BERRY]