読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むしろ台所診療所

4歳2歳の姉妹の母、仙人主婦もむらの台所でできる健康情報ブログ。西原式育児や砂糖なし育児をしています。

MENU

卵を料理に使うのは、1ヶ月に一個。こどもの情緒が安定していく、たまごレス生活。

オムレツ、出し巻き卵、ゆで卵

ニラ玉、親子丼、目玉焼き、卵とじ。

 

たくさんある卵料理。

おいしいし、大好きですが

困ったことにからだにはおいしくないようです。

 

というのも、動物性のタンパク質は

私たちの体内では消化されにくく

代謝の過程で老廃物をたくさん残してしまうのです。

さまざまな病気のもとは

この老廃物が酸性毒になってしまうことにあります。

 

陰陽のものさしで見ても

こどもはもともと陽性だから

極陽性の卵を食べさせるとバランスを欠いてしまいます。

陽性があまりに高すぎると

落ち着かない、切れやすいなど

こどもの性格にも影響を与えます。

 

 

試しに卵を食べなくなったらどうなるんだろう?

 

そう思ってはじめてみたほぼたまごレス生活ですが

慣れてしまえばなんともありません。

 

夫がお弁当に卵焼きを入れたいというので

たまごは買ってありますが

普段料理に使うことはありません。

 

 

情緒の安定したこどもになる 

 

 先日次女の予防接種を受けに行った時に

接種前に医師の診察があり

聴診器を当てて先生が

「この子は安定してるね。

ふつう、診察すると

脈が上がったりするものだけど」

と言われました。

 

 

たまごレス生活で

何か変わったという意識はなかったのですが

こどもの性格に影響を与えるというのは

いい意味でほんとうだったんだなーと思いました。

 

 

 

 

 

それでは、今日も梅しょう番茶飲んでガンバリマス!

 

ぜひスター・いいね・シェア・応援クリックしてくれたら嬉しいです!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 民間療法へにほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ

 

 

 

出産・育児雑貨専門店 [キューズベリー/CUSE BERRY]