むしろ台所診療所

4歳2歳の姉妹の母、仙人主婦もむらの台所でできる健康情報ブログ。西原式育児や砂糖なし育児をしています。

MENU

屋外で自由に動き回って育てられた「平飼い」「放し飼い」の卵って見たことありますか?

f:id:mrrorwndw:20160123082259j:plain

スーパーに売られている卵。

ヨード卵光とかいろいろあるけど

ふと、どんなものがあるんだろう?

どんな風に育てられているんだろう?

と思い始めました。

 

 

よく売られている卵の鶏小屋は

ウィンドウレスといって窓がない。

エサが食べられるように首だけ外に出しているので

からだは動かせない。羽ものばせない。

 

 

という風に安全安心食品ガイドには書いてあります。

確かにこう聞くと不健康そう。

 

 

でも世界的にみたら生卵を安全に食べられる国だし

安心なんじゃないか?と

いち消費者としては思ったりするのです。

 

 

もっと調べていくと

若杉ばあちゃんはかなりキビシイことを言ってます。

 

 

 

手軽に買える鶏肉や卵はブロイラーという品種のもので

ふつう4ヶ月以上かかるのに40日くらいで成長するよう

遺伝子操作されている。

 

ほとんどの場合、10万羽以上もの雌鶏を

棚にぎゅうぎゅうにつめこんで衛生環境の悪い中で

抗生物質の入った餌を自動的に流して育てられている。

 

卵は交尾させずに無精卵を産ませている・・

 

 

ここで食べるかどうかの基準にしたいのが

「自然のものかどうか」です。

 

昔のように家で育てている鶏が産んだ卵を食べるなら

とても自然で、生命力があります。

 

 

「平飼い」「放し飼い」の卵がおすすめ

安全安心食品ガイドには書いてあります。

 

平飼いとは・・鶏が地面を自由に動ける状態で飼育していること

放し飼いとは・・平飼いのうち、日中の過半を屋外で飼育している。より健康的な放し飼い

 

近所のスーパーを何軒かまわりましたが

 

 

売っていません・・( ̄◇ ̄;)

 

 

 それなら卵は無理して食べなくてもいいのかなぁ

というのが最近の気分です。

 

 

動物性食品はもともと「ごちそう」なので

食べるなら、自然の中で自然に育ったホンモノを

奮発しましょう!

 

 

 

 

それでは、今日もみそ汁飲んでガンバリマス!

 

ぜひスター・いいね・シェア・応援クリックしていただけると嬉しいです!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 民間療法へにほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ