読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むしろ台所診療所

4歳2歳の姉妹の母、仙人主婦もむらの台所でできる健康情報ブログ。西原式育児や砂糖なし育児をしています。

MENU

こどもを叩こうとしたその手で、みそ汁とご飯を作ってほしい。からだは食べるものからつくられていく。

連日報道される児童虐待のニュース。

 

我が子と同世代のこどもが

だいすきなお父さん、お母さんに虐待されるニュースを聞くたびに

悲しい気持ちになります。

 

 

どうして子育ての心をもたない親が

いるんだろう。

 

 

私はその原因を「不自然な食」

原因のひとつにあると考えています。

 

 

今はほんとうに便利になって

ごはんを作らなくてもお腹を満たすことは簡単です。

 

カップラーメンやからあげ、スナック菓子

ジュースやお菓子でお腹を満たす。

お弁当だとしてもpH調整剤がたっぷり。

 

スーパーやコンビニで成分表示を片っ端から見ながら

食材を買っていて思うのは

ほんとうに不自然な食べ物が多いと思うんです。

 

 

・通常の3倍のスピードで育つよう遺伝子組み換えされた鶏肉や卵

・果汁0%のぶどうジュース

・常温でおいてある苺大福

・常温で置いてあってもカビの生えないパン

・表示がなければ中国産などの輸入ものがほとんど

・旬を無視した、まったく違う気候風土の作物

などなど・・

 

世の中が便利になればなるほど

食べ物は不自然になっていきます。

 

ほんとうに全て避けようと思うなら

山奥で自給自足をするしかない。

 

 

そんな食べ物がからだをどんな風にするかというと

砂糖や添加物の極陰、動物性の極陽が

からだに作用し、常にめまいや頭痛、

眠気におそわれ、疲れやすく無気力になり

不安や焦りから抜け出すことができなくなっています。

 

そして症状はだんだんと重くなり、いじめや犯罪へ・・

 

 

からだはおとなに成長しても精神は未熟なままですから

自分をコントロールできず、衝動的、突発的な行動となって

しまうのです。

 

 

でも、からだは食べるものからつくられていく。

細胞は生まれ変わっていくことができる。

 

 

f:id:mrrorwndw:20160114082712j:plain

 

変わりたいと思うなら

私はやっぱり一汁一菜(ご飯、みそ汁、野菜のおかず)を

おすすめしたいです。

 

 

日本人が生涯にわたって

心身ともに健やかでいる方法は

和食を自分たちで作って

食べることです。

 

 

まずは、ごはんを炊くところからはじめてほしい。

大丈夫、すぐにからだは生まれかわることができますから!

 

 

それでは、今日もみそ汁飲んでガンバリマス!

 

ぜひスター・いいね・シェア・応援クリックしていただけると嬉しいです!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 民間療法へにほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ