むしろ台所診療所

病気を作りたがってる世の中から家族を守る。西原式育児、ワクチン、予防接種、砂糖なし育児、薬なし育児、削らない虫歯治療。

MENU

真の国際人は何を食べて体調管理をしているのでしょうか。

仙台の郊外に住む77歳のおばあちゃん。

 

この人は只者ではありません。

 

 

東北地区の国立大学農学部教授としては初の女性教授で

農学部の教授を退官後も

JICAのシニアボランティアで

南米チリに4年間滞在したり

今も国際学会で世界各国を飛び回っています。

 

半年以上暮らした国は

イギリス、アメリカ、チリ。

 

その他にはちょい住み(5日以上)滞在で

西ヨーロッパは全部、

アメリカ、カナダ、メキシコ

アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、

パラグアイ、ペルー、ブラジル、

中国、韓国、東南アジアはほぼ全部と

本当にいろんな国に訪れています。

 

 

いろんな国に行くと

いろんな食材、いろんな料理を食べることになりますが

調子を崩した、入院したという話を聞いたことがありません。

 

※大学院には入「院」していましたという斜め上の方向からジョークがきましたw

 

かといって、和食にこだわっている様子もなし。

 

梅干しを常備している様子もなし。 

 

 

 

どうやって体調管理しているか聞いてみると

食事はバランスを大事にしているということでした。 

 

そのバランスとは

  • 炭水化物
  • たんぱく質
  • 脂肪
  • 食物繊維
  • 野菜
  • 果物
  • ビタミン

 

ざっくりこんな風に分類してみているそうです。 

 

食事会などで外食をいただくことも多いそうですが

家に帰ってから、次の食事や1週間単位で

足りないもの、体が欲しがっているものを

補うような考え方だそうです。

 

 

どんな国のどんな料理でもバランスを確認する。

 

自分の体と向き合って

体が欲しがっているものを食べる。

 

シンプルですが、サバイバルというか

どんな状況におかれても体調を崩さない極意だと思いました。

 

 

 

 余談ですが、昼食でおにぎりを食べている時

「炭水化物・たんぱく質・・」などの

バランスを独り言でつぶやいていたそうですw

 

 

 

グローバルなチリばあ(呼び名です)の家には

 

f:id:mrrorwndw:20120408075836j:plain

 

時間の読めない時計や

 

f:id:mrrorwndw:20120408080249j:plain

 

中身がなんだかわからないスティックや謎のお菓子がたくさんw

 

 

 

私がとても尊敬している叔母なのです。

 

 

 

 

それでは、今日もみそ汁飲んでガンバリマス!

 

ぜひスター・いいね・シェア・応援クリックしていただけると嬉しいです!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 民間療法へにほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ