読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むしろ台所診療所

4歳2歳の姉妹の母、仙人主婦もむらの台所でできる健康情報ブログ。西原式育児や砂糖なし育児をしています。

MENU

「医者に金を払うより、味噌屋に払え」三年熟成の自家製みそに挑戦します!

味噌には質のいいタンパク質が、

消化しやすい形でたくさん入っています。

ビタミン・ミネラルや不飽和脂肪酸も豊富ですから

味噌はいわば「良質の血液材料セット」

 

味噌の有効菌や繊維質が

腸内の環境を整えてくれますので

造血のための環境づくりもバッチリです。

また、ガンなどの腫瘍の発生を抑えたり

酸化を防ぐ働きにも優れています。

 

くすりになるみその選び方は

長期熟成もの。

最低1年、おすすめは三年もの。

 

 

 

長い間寝かせることで

陰性の大豆がアミノ酸に分解されて

陽性化してからだを助けてくれます。

 

こういうみそは塩害がないから

塩分を避けたい人も安心して食べられるそうです。

 

 

三年醸造もののみそは高い

 

三年熟成されたみそを探すと

みそ作りを始める前に買っていたみそが

1キロ700円くらいで、

三年みそは1キロ1,600円。

うーん、倍以上か〜

それなら自家製みそを熟成させた方がいいんじゃないか?

と思いました。

 

 

ちなみにみそ作りを始めるまで買っていたのは

チョーコーの長崎みそ。

夏場もサラッと飲みやすいです。

 

 

三年みそを入れる容器

 

容器についてはいろいろ検討しましたが

うちは賃貸でみそ樽の場所を

確保するのもどうなのか、と思い

IKEAの保存袋に入れて保存することにしました。

 

 

f:id:mrrorwndw:20160222103937j:plain

 

みその1キロは1リットルとほぼ同じだそうです。

わかりやすいですね。

豆を買った埼玉屋さんのおかみさんが言っていました。

 

この袋は1.2リットル用です。

 

 

f:id:mrrorwndw:20160222104212j:plain

覚えていられないと思うので

どんな豆・こうじ・塩を使ったか書いておきました。

平成30年か〜

長女5歳、次女3歳になっている予定です。

 

 

 

ついでに小分けにしておきました。

 

もうすぐ次のみそを仕込むので

去年漬けたみそを小分けにして保存することにしました。

 

f:id:mrrorwndw:20151114120926j:plain

いつも野田琺瑯のレクタングルという容器に入れているので

 

f:id:mrrorwndw:20160220193448j:plain

この容器に入る重さを確認する

 

f:id:mrrorwndw:20160220193518j:plain

と!3歳児が「みそ、ちょっとたべたい」と

手を出してきました。

 

f:id:mrrorwndw:20160222103937j:plain

小分けに。

 

結局もう去年漬けたみそは

このIKEAの袋2つ分しかなくなってしまいました・・

 

1つは三年みそにするので

残り1つ。

まだ次のみそをこれから仕込むのに・・

悲しいなぁ・・・・(T ^ T)

 

f:id:mrrorwndw:20160207083339j:plain

なぜか母にもらった分があるので

これでなんとかしばらく買わなくて済みそうです。

 

朝、2リットル近くみそ汁を作って

家族四人、朝晩と食べてなくなります。

そういえばほぼ毎日みそ汁作ってるんですねぇ。

そりゃなくなるわ。

 

去年漬けた分は

結構カビが出てしまって

天地返しのたびに結構捨てなきゃいけなかったので

今年は入念にカビ対策!ですね。

 

f:id:mrrorwndw:20160222105306j:plain

次のみそを待ってるよ!と

ラウンドストッカーが言っているようです。

 

 

 

むしろ台所診療所ーFacebookページ始めました。

 

最近「発熱を第一大根湯で治した」と言うと引かれるので

自然療法好きな人とつながることができたら最高に嬉しいです。

 いいね!をよろしくおねがいします(^ ^)

 

 

おかげさまで民間療法ランキング、一位を独走中です。 引き続きおおえんクリックお願いします(^ ^)

 

ぜひスター・いいね・シェア・応援クリックしていただけると嬉しいです!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 民間療法へにほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ