むしろ台所診療所

4歳2歳の姉妹の母、仙人主婦もむらの台所でできる健康情報ブログ。西原式育児や砂糖なし育児をしています。

MENU

本当のハムはこんな色。プリプリピンクなハムじゃなく「無塩せき」のハムを選ぼう。

普段ハムを買うとき、うちでは4連の朝食ハムみたいなアレを買っています。

子供も大人も好きなハム。

本物のハムはどんな色をしているか知っていますか?

 

f:id:mrrorwndw:20160227143723j:plain

 

こんな色です。うわー地味!と思いました?

 

鳥ハムを作ったことがある人ならわかると思いますが、火が通った肉は白というか薄いベージュ色をしています。

ピンク色だと生になっちゃいますよね?

それに、プリプリピンクなハムはかまぼこのような食感のものが多いですが本物の肉は肉の繊維の食感が感じられます。

 

なぜプリプリかまぼこのようなハムになるのかというと、市販のハムの多くは水太りしているからだそうです。

塩漬けの段階で熟成期間を短くするために注射針が何本もついた剣山のおばけのような機械を使って、肉に調味液を注射しているそうです。

すると肉の繊維は断ち切れて、中に調味液が浸透し、数週間かかる熟成が数日でできる・・

これが、かまぼこみたいになる理由だそうです。

 

ハムがピンク色になる理由

プリプリピンクになるのは発色剤の亜鉛酸塩が入っているから。

ボツリヌス菌の繁殖を抑える効果もあるとされるため、本場ヨーロッパでもハム・ソーセージの調味液には使われています。

ハム屋さんの中には豆腐ににがりを入れるようにハム作りには亜鉛酸塩は不可欠だという人もいるそうです。

亜鉛酸塩は、体の中で魚や肉に含まれる二級アミンという物質と反応して発がん性物質ができると問題にされています。

 

普段使いや小さなこどもがいる家庭では亜鉛酸塩は使っていないもの「無塩せき」の表示のものを選ぶといいそうです。

 

f:id:mrrorwndw:20160227143757j:plain

 

ちなみにこのハムは、私の母が生協で買ってきたそうです。

 

さっそく私も買ってみようとおもって、いつも行くスーパーで探してみましたが、いつも買うプリプリピンクなハムが4連で250円くらいなのに対して、無塩せきのハムは1連で250円くらい。

ハムは1パックあけると一瞬で終わってしまうので(開けたそばからこどもに食べられる)、買うのはやめましたw

 

そこで、考えたのは

f:id:mrrorwndw:20160303155235j:plain

 

ということで、鶏むね肉を買って鳥ハムを仕込み中です。

五七調で作ってみました。アホですいません。

はい皆さん、復唱してください。

「高価なら 作ってみせよう 加工品」

 

私たちはどんなに進化しても、添加物や化学薬品を吸収できるからだにはならないから。

病気のもとになるものはできるだけとらないためには、脱市販品!を目指すべきだと思うんです。

ハムが個包装になってるは便利ですが、鳥ハムも十分美味しい。

無塩せき、増量・結着剤が入っていない高価なハムを時々買うのも贅沢だけど、私は鳥ハムでいいやと思うことにしました。

 

加工品はとびきりいいものを無添加でいただくか、できるだけ手作りする。

これが加工品が溢れかえっている現代で病気をよせつけずに生きていく術なのだと思います。

 

 

 

 

 

<おすすめ本>

 

 

 

むしろ台所診療所ーFacebookページ始めました。

 いいね!をよろしくおねがいします(^ ^)

 

 

 

ぜひスター・いいね・シェア・応援クリックしていただけると嬉しいです!

 おかげさまで民間療法ランキング、一位を独走中です。 引き続きおおえんクリックお願いします(^ ^)

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 民間療法へにほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ