読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むしろ台所診療所

4歳2歳の姉妹の母、仙人主婦もむらの台所でできる健康情報ブログ。西原式育児や砂糖なし育児をしています。

MENU

あなたは子供にアレルギー・アトピーという人生のハンディを負わせたいですか?

西原式育児

こんにちは。西原式育児に向かって爆走中の仙人主婦もむらです。
牛乳アレルギーの娘に牛乳を飲ませたお母さんのニュースが流れていましたね。
ニュースを見るとアレルギーっこの話ばかり。

うちも上の子は早期離乳でガッツリ卵アレルギーでした。

今でも卵や小麦はほんのりアレルギーが出ます。

できることなら治してあげたい。

でもどうしたらいいかわからない。

私もそんなお母さんの一人です。

でもね、そんなアレルギー、アトピーを持つ乳児の症状を改善させてきたスペシャリストと出会ったんですよ。

助産師の久保祥実さん。

西原式育児をサポートして13年、アレルギー・アトピー改善200例以上。

日本で西原式育児をサポートできる専門家は、久保さんただ一人です。

普段は兵庫にお住まいなのですが、東京に講演会&母乳マッサージにいらしてくれることになりました。

詳細は文中でお知らせします! 

アレルギー、アトピーは人生のハンディ

今のお父さん、お母さん世代もスポック博士の育児書の毒牙にかかっていたので、早期離乳早期断乳で育てられている人が多いです。

仕方ないんだけどね、厚労省がお勧めする育児がまちがっているなんて思うヒネくれた日本人はなかなかいないでしょう。

自分自身もアレルギー、アトピーというママも多いでしょうし、そうでなくても花粉症、慢性鼻炎、喘息などなにかしらの持病を持っている人がほとんどです。

うちの夫もそうですが、休日は昼過ぎまで寝ています。

腸が弱い人は体がツライから休みの日に寝てしまう。

腸が強かったら。

体が丈夫だったら。

その寝ている時間を自分の好きなことに使えるのにね。

何かの病気を持っているということは、治すことにエネルギーを使ってしまいます。

久保さんいわく、アレルギー・アトピーを持っている子は、治すのにエネルギーを使い果たすので才能が開花するのが遅いそうです。

習い事をさせるより、真に健康な子に育ててあげることが長い目で見て子供のためになるのではないでしょうか。

アレルギー・アトピーを薬を使わずに治す方法

私の長女も乳児湿疹がひどく四苦八苦した思い出があります。

大学病院の若い先生にステロイドについて噛み付いたこともありますw

普通の病院ではステロイドをもらって終わりというところも多いのではないでしょうか。

口腔専門の西原先生はアレルギー・アトピーについて普通の小児科医とまったく違う見解を持っています。

f:id:mrrorwndw:20161218081438j:plain

西原先生が書かれた「病気知らずの子育て―忘れられた育児の原点」では、アレルギー・アトピーは

  • 悪い母乳
  • 離乳食病

が原因と言われています。

悪い母乳

母乳のみでアトピー・アレルギーが出ている場合は母乳の質が原因です。

  • アイスクリームや冷水など冷たいものをよく飲食する
  • 麦や玄米、雑穀やカレーをよく食べる
  • 重度の口呼吸
  • 歯周病を患っている

お母さんが上記に書かれているような状態だと、母乳がばい菌に汚染されています。

母乳が原因で発症する赤ちゃんの病気を治せる小児科の専門医はこの国では一人もいません。

西原克成医師だけなのです。

離乳食病 

母子手帳や育児書には6〜7ヶ月から離乳食を始めると書かれています。

その多くはアトピー性皮膚炎や風邪、喘息、手足口病、中耳炎、膀胱炎、自閉症や発達障害、多動、凶暴になります。

このことを西原医師は「離乳食病」と呼んでいます。

この項目だけで落ち込むおかあさん多数だと思います。。私もそのうちの一人です。

しかし、西原医学では1歳〜1歳8ヶ月から離乳食を開始します。

西原式育児では、1歳のうちはお米と野菜のみ。

タンパク質は2歳を過ぎてから少しずつ始めます。

お肉や卵も2歳半過ぎてから少しずつ慎重に与えます。

なぜここまで慎重に離乳食を進めるかというと、子供の腸と大人の腸はまったく違うからです。

子供は歯の本数も違えば、トイレで排泄することもできないし、まだまだ内臓が未熟です。

消化吸収できるものも全く違います。

文字が読めるようになるのと同じように、少しずつ少しずつ食べられるものが増えていきます。

今の育児書では、1歳前から肉や卵も与えて、1歳半過ぎたら大人と同じように食べられると言いますが、哺乳動物ということを全く無視したやり方です。

哺乳動物として考えれば、これほど不自然な食の与え方はありません。

ドッグフードを猫に与えませんよね?
キャットフードを犬に与えたら病気になるって知ってますか?

それくらい内臓の未熟な子供に大人と同じようなものを与えるのは不自然なことなのですが、今そのことに気づいている医師は西原先生ただ一人です。

アレルギー・アトピーを改善させるスペシャリスト 

そんな人いるの!?と思いますが、いるんです。

見つけてしまいました。

www.okasan-okasan.com

西原式育児・母乳育児をサポートしている助産師の久保さん。

アレルギー・アトピー改善200例以上!!

ジュクジュクのアトピーで困っているお子さんも、西原式育児を取り入れた母乳育児をサポートすることで劇的に改善してきました。

西原式育児をサポートしている助産師さんは日本でも久保祥実さんただ一人です。

たまたまたFacebookでいいね!してくださった中から見つけました。

メッセージを送った日から毎日のように電話やメールのやりとりをして、トントン拍子に講演会&東京・名古屋出張母乳マッサージのお話が決まりました。

私の記事を読んで西原式育児を始めた方の中には、情報が少なくて相談できる専門家がいないので行き詰っている方もいらっしゃるかと思います。

2歳までコメと野菜というけど、海苔は?果物は?うどんとかもダメなの?と色んなハテナが浮かんできていると思います。

世間一般の育児とはまったく違うので、戸惑うことも多いのが西原式育児です。

私はママ友に西原式育児完全実践者が二人もいるという、ヨダレものの環境だったので続けていられるようなもので。

特殊なやり方なので、きちんとやらないと結果が出ないというのが西原式育児でもあります。

そこで、今回正しくやり方を知っていただくために、久保さんを東京にお呼びして東京講演会を開催することになりました。

 東京講演会&母乳マッサージ

西原式育児に基づいたアレルギー・アトピーを改善する助産師・久保祥実による講演会&母乳マッサージ+個別相談@東京六本木】

日:2017年1月15日
時間:10時半〜12時半。お昼休憩をはさんで、午後は質疑応答や母乳マッサージの時間にしたいと思っています。お昼は簡単なものをご持参ください。
場所:六本木 西原研究所(西原医師の研究所)
参加人数上限:30名
子供:子連れOKです

料金:参加希望のメッセージをいただいた方にお伝えします。

参加ご希望の方は台所診療所宛にコメントまたはメッセージをお願いします。

と、いいつつFacebookの告知&おしげさんのブログだけで21席あっという間に埋まり、残り9席です。。

私も久保さんもひたすらメッセージ対応しています。
ありがたいことです(T ^ T)

名古屋出張母乳マッサージ

【西原式育児に基づいたアレルギー・アトピーを改善する助産師・久保祥実による出張母乳マッサージ+個別相談@名古屋】

日:2016年12月26日

時間:要相談

場所:名古屋駅前のホテル

持ち物:バスタオル2枚、フェイスタオル3枚

料金:お子さんの症状をお伺いして、マッサージの時間を決めさせていただきます。詳しくは台所診療所宛にコメントまたはメッセージをお願いいたします。

母乳マッサージに関しましては、希望者の中からメッセージをやりとりさせていただいて、お子さんのアトピー・アレルギーの症状によって優先順位をつけさせていただいております。

すでにたくさんの方から東京講演会参加希望、母乳マッサージをご希望のメッセージをいただいております。

お子さんのアレルギー・アトピーを根本治療できる唯一の方法です。

お子さんが小さければ小さいほど治りが早いです。

お子さんにアレルギー・アトピーのハンディを背負わせないためには、今がチャンスなんです。

子供の体に負担がなければご機嫌でいてくれるし、寝グズ起きグズもしません。

電車で遠出しても騒ぐこともありません。

あなたに「子育てってこんなにしあわせだったんだ!」と言わせるのが私の目標なんです。

ピンときた方は参加メッセージお待ちしております。