読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むしろ台所診療所

4歳2歳の姉妹の母、仙人主婦もむらの台所でできる健康情報ブログ。西原式育児や砂糖なし育児をしています。

MENU

インフル予防に予防接種?乳酸菌飲料?ププッw ほんとのインフルエンザ予防法。

こんにちは。仙人ライター主婦もむらです!4歳2歳の姉妹の母です。

台所でできる医療費ゼロ円情報を発信してます。

この間会社の後輩OLにインフルエンザについて聞かれたんですよ。

後輩「もむらさん、インフルエンザの予防接種って意味ないんですよね?」

もむら「そうだね、打ってもかかる人は多いよね」

後輩「私も打たなくていいと思うんですけど、、去年かかったんで親とか友達に打てって言われるんですよね」

もむら「そうかー。そういえば去年かかったよね。でも免疫が不安定な人の方がワクチン打つとかかるんじゃないかな。」

後輩「私の免疫力の問題ですよね。だから免疫力高めようと思って、乳酸菌飲料飲み始めたんですよ!」

もむら「そっか笑」

んーー、乳酸菌飲料か。違うんだけど説得できませんでした。

で、帰ってから調べまして本当のインフル予防は腸内フローラを整えることなんじゃないかと。

そのためには何をすべきかまとめてみました!

今年のインフルエンザはワクチン由来

もう見出しからしてショッキングですけど、これはマジらしいです。

今年のインフルは、全国で警報レベルになり- 1週間の患者数は200万人を超えています。これらの情報はマスコミを通じて大々的に報道されていますが、真相はどうなのでしょうか。
今までの医療業界での通説は、「インフルエンザは、ワクチンとウイルスの型が合わないため、ワクチンの効果が発揮されない」ということでした。

しかし、今年流行しているインフルエンザウイルスの株(A型H3)とインフルエンザワクチン株(A型H3)は一致しているのです。にも関わらず、ワクチンが全く効いてないという現象が各地で出てきています。

これには、一般の医師までもが、「ワクチンの効果が薄れてきている」というニュースまで流れました。最初にこのニュースを紹介するとともに、それに合わせて東京都のインフル患者データを提示してみたいとます。東京都だけでも、ワクチンと同じ型(AH3型のウイルス)でインフルエンザを発症した人は、なんと!「93.7%」にも上っているのです。

有効でないどころか、ワクチン接種した人がウイルスをばらまいている為、ワクチンと同じ株のインフルエンザが巷で大流行しているのでは?という疑念を抱かざるを得ません。事務局

引用 https://www.facebook.com/NoVaccineatKanagawa/?pnref=story

 看護師のママ友が、毎年我が子を連れて自分の職場でインフルエンザの予防接種を打ってました。

で、その後くらいから予防接種が流行して、予防接種を打った子もかかって

「流行してるインフルエンザの型と予防接種の型が違った」

と言ってた。

けど、今年は同じ型だけど流行している。言い訳はできませんよ。

インフルエンザの予防接種は効かない、むしろ流行させるきっかけを作っているとも言えてしまうのです・・・

予防接種も頼れないというならどう予防していけばいいかというと

「腸内フローラ」なんですよね。

腸内フローラは人の健康を根本から支えている

f:id:mrrorwndw:20170125095125j:plain

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

予防接種の研究に携わっていたのに、我が子には1本も打たないという選択をしている本間真二郎先生。

全国各地で予防接種についての講演会を行っているそうです。

一度お会いしたいなぁ。

本間先生の本には腸内細菌の役割についてこんな風に書かれています。

【腸内細菌の本来の役割】

  • 病原菌の侵入を防ぐ
  • 食物の消化、吸収を妨げる
  • 必須アミノ酸、必須脂肪酸、ホルモン、ビタミン、ミネラルといった栄養素を供給する
  • 有害物質(農薬、添加物、発ガン性物質、放射能など)を分解する
  • 免疫を活性化させ、感染を防ぎ、炎症、アレルギー性疾炎などを抑制する
  • 神経伝達物質の産生を助け、神経系や大脳活動を調節する
  • 腸管運動を調節し、下痢や便秘を予防する
  • 腸管以外の臓器の機能を活性化させる
  • 脂質代謝を活性化させる
  • 酵素を活性化させる
  • 人が消化できない食物繊維を分解する
  • 短鎖脂肪酸を産生し、エネルギーを供給する

腸内フローラ(細菌)が整っていると、感染症すら予防できてしまうのです!!!

乳酸菌飲料は日本人の腸には合わない

さいきん濃ゆいお仲間に教えてもらったこの本。

f:id:mrrorwndw:20170210120639j:plain

 やせる! 若返る! 病気を防ぐ! 腸内フローラ10の真実

助産師の久保祥実さんと西原式育児を実践している仲間たちの間では、「腸内フローラ」はアツいキーワードです。

この本に興味深いことが書いてありました。

f:id:mrrorwndw:20121006122957j:plain

コアラはユーカリを食べることができます。

でも、他の動物にはユーカリは消化を妨げるタンニンが入っているので他の動物はほとんど食べられません。

なぜコアラだけがユーカリを食べられるのか。

保護したコアラに抗生物質を使うと、病気そのものは治るのに、次第にコアラがエサを食べなくなり衰弱死してしまう事例が頻発していたことから、腸内細菌を調べてみることになりました。

コアラのウ○チから腸内細菌を培養して調べると、菌がタンニンを分解していたことが発覚!

「ユーカリを食べられる」ことは”コアラの特技”だと思っていたら、じつは”腸内細菌の特技”だったという驚きの発見でした。

抗生物質を与えると、ユーカリを分解できる菌も死んでしまう=衰弱死ということだそうです。

で、コアラはユーカリを分解できる菌をどうやって手に入れるかというと

f:id:mrrorwndw:20170211073834p:plain

おお・・ホット・・・

「パップ」と呼ばれるお母さんコアラのウンチを、離乳食として食べる。

こうしてユーカリ分解菌を受け継いでいるのです。おもしろいよね!?

日本人には海藻を消化する腸内細菌が住んでいる

f:id:mrrorwndw:20060909135240j:plain

じゃあ人間はどうやって腸内細菌を受け継いでいるかというと

生まれる時に産道を通ったり

お母さんの初乳をもらったり

地面をベタベタと触ったり

指しゃぶりをしたり

いろんなものを食べたり

よく見る赤ちゃんの光景は腸内細菌を手に入れようとする姿だったのです。

腸内フローラは指紋のように個人個人で違っているものの、国ごとには特徴があって、日本人には海藻を消化できる腸内細菌が住んでいます。

日本人同士で比較しているうちは共通点がないように見えても、外国人と比較をしてみると日本人同士はかなり近いのです。

  • 食生活が似ていると似たような腸内フローラになる
  • 人から人へ、世代から世代へ受け継がれていく

というのが国ごとに違いが現れる理由のひとつです。

そう考えると、日本は降水量も多いし、酪農に適した土地が少ない。

だから牛乳や牛肉というよりは、野菜や海産物の方が日本人の腸内フローラに合っている。

ということは、乳酸菌飲料は日本人の腸には合わない(人が多い)ってことですよね。

長くなりましたが、ドゥーユーアンダスタン?

インフル予防に梅エキス

日本人の腸に合っててインフルエンザが予防できるもの。

もむらのオススメは「梅エキス」です。

f:id:mrrorwndw:20150728172303j:plain

梅エキスとは、青梅をすりおろした汁を真っ黒になるまで煮詰めたもの。

f:id:mrrorwndw:20160609154535j:plain

ここ2年ほど6月の青梅の出回る時期に作っています。

f:id:mrrorwndw:20150616195023j:plain

こんな風に真っ黒になるまで煮詰めます。

昨年の一月は姉妹でインフルに入れ替わりかかりましたが、梅エキスを毎日ひと舐めして母はかからずに済みました。

おすすめの梅エキスはこちら。

 

腸内フローラを育ててインフル予防!

でもね、毎日コンビニ飯、冷たい野菜ジュース、コーヒー、お酒という生活で梅エキス舐めればオッケーという甘い話でもないんです。

ほんとの感染症予防は、自分の腸内フローラを善玉優勢で多様化させること。

  • 近くで採れたものを食べる
  • 良質なものを食べる
  • 天然の調味料を使う
  • 毎日のお通じがいいものを食べる
  • 化学物質の入ったものはできるだけ避ける
  • 食べたら肌がブツブツしてしまうものを避ける
  • 食べるとなんだかイライラしてしまったり、落ち込んでしまうものを避ける

西原式育児をしていると、子供の便通というのは毎日の通信簿で、食べさせたものが消化オーバーだとわかりやすく便に出ます。
大人も一緒で、どんなに玄米がいいと言われても消化できなければ栄養として消化吸収もできないですよね?
少なくともうちは、玄米を消化できる腸内細菌はいなかった。
体にいいと言われているものひとつひとつ、自分に合ってるか確かめていく必要がある。
遠回りのようだけど、それがほんとの感染症予防なんじゃないかな。
ちなみに今年はろくに子供の手洗いしてないけど、今シーズン風邪ひとつ引きません。

除菌ブーム糞食らえ!だぜ!